国際線専用PBB供用開始しました!

トップページ » ニュース » おしらせ » 国際線専用PBB供用開始しました!

国際線専用PBB供用開始しました!

2017年11月16日 更新

国際線専用PBB供用開始!

◇宮崎ブーゲンビリア空港国際線専用PBB(旅客搭乗橋)完成◇

宮崎空港ビルでは、今年の3月より2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、ターミナルビル国際線・国内線の利便性、機能性の向上を目的とした改修工事をすすめています。

このうち、10月4日(水)に第一期工事の国際線専用の5番コンコース延伸と国際線専用ガラス製ステップレスPBB供用が開始されました。

宮崎ブーゲンビリア空港では、今まで国際線運行時は国内線・国際線供用の6番スポットを使用しておりましたが、今回、国内線のオープンスポットとして使用していた5番スポットまでコンコースを延伸し、固定橋、ガラス製ステップレスPBBを新設し、5番スポットを国際線専用といたします。

今回のガラス製ステップレスPBBをの供用開始に伴い今後国際線は、国際線専用の5番スポット及び既存の6番スポットの2ヶ所で受け入れが可能となり国際線の受け入れの能力が向上し、現在、週7便で年間10万人の旅客数を将来には週13便で年間16万人の旅客数に対応可能となります。

今回導入したガラス製ステップレスPBBは三菱重工交通機器エンジニアリング社製で、段差の無いユニバーサルデザインで九州では初めての導入になります。

デザインは、三菱重工交通機器エンジニアリングと宮崎空港ビルで検討し、宮崎空港の愛称であるブーゲンビリアやモンステラをあしらった、南国リゾートに相応しい開放感のあるPBBになりました。

  

また、4日(水)のアシアナ航空のソウル便の出発に合わせ、新設セレモニーも行いました。

改修工事は再来年3月まで行い、今年12月には国内線に同様のPBBがさらに2本更新され、更に小型機対応のPBBが2本新設されます。

これからも宮崎ブーゲンビリア空港の利便性が大きく向上していきます!

    




« 工事内容 »

◆工事期間  :2017年3月22日~2019年3月

▼国際線施設工事

・5番コンコース延伸及び固定橋の新設、ステップレスPBB(※1、※2)新設【完成】

・国際線ボディスキャナーの導入及び国際線専用出国保安検査場の新設による二重検査の解消。

▼国内線施設工事

・国内初小型機対応ロングPBB新設(2基)

・既存PBBをステップレスPBBへ更新(2基)

・Tokyo2020アクセシビリティガイドラインに対応したエレベーター新設

・到着動線エレベーター増設

・店舗リニューアル

※1 PBB=パッセンジャーボーディングブリッジ(旅客搭乗橋)
※2 ステップレスPBB=通路の床面に段差がなく、誰でも安全に利用できるPBB



三菱重工グループ 三菱重工交通機器エンジニアリング株式会社

 ・国内初の小型機対応ロングPBB(旅客搭乗橋)2基と併せステップレスPBB3基を宮崎空港リニューアル工事で受注



宮崎空港ビル㈱ 総務課 ㈹0985-51-5111

ニュース

フライト情報

国内線

国際線

おすすめ情報

日本のひなたプロジェクト 踊る!宮崎ブーゲンビリア空港!!
パーティープランのご案内
スムーズ観光は宮崎空港から
smooth sightseeing