東京オリンピック・パラリンピック事前合宿にお越しくださった選手へ~日本の夏のおもてなし~

2021年07月16日(金)

宮崎ブーゲンビリア空港では、東京オリンピック・パラリンピック事前合宿で宮崎に来てくださった選手たちが、宮崎を発たれる際に
合宿地宮崎に来てくださったことへの感謝と、オリンピック・パラリンピックでの活躍を応援する気持ちを込めて、日本の夏をイメージした、非接触型のおもてなしを行いました。

バスヤードからターミナルビルに向かう通りに風鈴回廊を設置し、ターミナルビル入ってすぐのところには宮崎県立博物館よりお借りした神楽人形と、日本の和を感じる空間を設けました。
選手たちが通る、裏動線の階段にも星型イルミネーションで飾りつけをし、短冊に応援メッセージを書いて七夕を演出し、手作りのおもてなししました。




16日に出発されたアメリカ女子サッカーチームの皆さんには、直接はお渡しできませんでしたが、スタッフの方を通して、お土産に宮崎空港スタッフが応援メッセージなどを書で揮毫したうちわや扇子と、県産木材を使った、神楽モチーフの人形をお渡ししました。



宮崎空港東側(国際線側ロビー)、ターミナルビルとバスヤードの風鈴回廊は、東京オリンピック・パラリンピック事前合宿のみなさんが発たれる8月末まで装飾しています。
一般の方も、ご覧になれますので、宮崎空港へお越しの際は、日本の夏を感じに、ぜひお立ち寄りください。