小型機対応ロングPBB「ひなたらくちんブリッジ」

2019年05月01日(水)
日本初の「小型機対応ロングPBB」が誕生!搭乗ロビーから機内まで、外に出ることなくスムーズに移動できるようになりました。

宮崎ブーゲンビリア空港に運航している飛行機のうち、PBBが接続出来ず乗降の際には駐機場まで一旦降り、徒歩やバスで移動しないといけない小型機が全体の21.3%。その他PBBの接続は可能だが通路の勾配が急な中、乗降している小型機と合わせると48.9%という状況で、雨天時には、高齢者や体の不自由な皆様にもご迷惑をおかけしておりましたため、この小型機対応ロングPBB導入は航空業界に大きく貢献できたのではないかと考えております。平成29年12月26日(火)供用開始。



ひなたらくちんブリッジ

ひなたらくちんブリッジ


宮崎空港で働く従業員やその家族を対象に愛称を募集し、162件の応募の中から「ひなた らくちんブリッジ」に決定しました。
「ひなた」は宮崎県のキャッチフレーズから「らくちん」は誰で安全で安心して乗降が可能な事などから選ばれました。

▼夜はライトアップされたロングPBB(ひなたらくちんブリッジ)が滑走路に美しく映えます。
夜のひなたらくちんブリッジ

2017年10月4日(水)国際線専用PBB供用開始の記事はこちら